NO IMAGE その他税金

調整対象固定資産の範囲と100万円の判定

課税売上割合が大きく変動した場合やその用途を変更した場合には、調整対象固定資産について、3年間に限り仕入に係る消費税額を調整することとしています。 この仕入税額控除の調整の対象となる調整対象固定資産は、どのような資産が対象となり、金額...
NO IMAGE 税務・会計

消費税中間申告の納付時の会計処理(税込経理)

消費税の中間申告は、前年または前事業年度の確定消費税額(国税の年税額(申告書⑨欄の差引税額))が次の金額に応じて、申告および納付の回数が異なります。 前年または前事業年度の確定消費税額 中間申告・納付の回数 48万...
NO IMAGE 税務・会計

消費税中間申告の納付時の会計処理(税抜経理)

消費税の中間申告は、前年または前事業年度の確定消費税額(国税の年税額(申告書⑨欄の差引税額))が次の金額に応じて、申告および納付の回数が異なります。 前年または前事業年度の確定消費税額 中間申告・納付の回数 48万...
NO IMAGE 税務・会計

消費税の決算仕訳と納付時の会計処理(税込経理)

税込経理方式を採用している場合の消費税の計上時と納付時の会計処理について説明します。 税込経理の場合、消費税納付額を発生した期(当期)に計上するか納付した期(翌期)に計上するかで仕訳が異なります。 発生した期(当期)に計上する場合 ...
NO IMAGE 税務・会計

消費税の決算仕訳と納付時の会計処理(税抜経理)

税抜経理方式を採用している場合の消費税の計上時と納付時の会計処理について説明します。 決算時の仕訳(当期) 【例】 貸借対照表上の「仮受消費税等」残高:100,000円 貸借対照表上の「仮払消費税等」残高:90,000円 消費税確...
NO IMAGE その他税金

個人事業税がかからない非課税業種

個人事業主が地方税等で定められた業種の事業を行っている場合、「個人事業税」が課税されます。 個人事業税がかかる業種 課税対象となる法定業種は70業種あり、次のように列挙されています。 区分 業種 税率 第1種...
NO IMAGE 税務・会計

信用保証料の会計処理(勘定科目・仕訳・消費税の取扱い)

信用保証料は、金融機関などから借入れをするときに信用保証協会に対し信用保証の対価として支払う費用で、その借入期間にわたって保証を受けるものです。 この信用保証料は、借入金が繰上げ返済されるときに、契約において返金される旨が定められてい...
NO IMAGE 所得税

所得の種類

所得税は、個人が得た所得をその所得の態様や性質を考慮し、それぞれの担税力に応じた形で所得金額の計算をするために、次の10種類に区分しています。 所得の種類 所得の種類 内容 利子所得 預貯金の利子、公社債の利子...
NO IMAGE 所得税

雑所得とは?所得金額と課税方法

所得税は、個人が得た所得を10種類に区分して、その所得の態様や性質を考慮しそれぞれに見合った税金の計算をすることとしています。 10種類に区分した所得のうち、雑所得について説明します。 雑所得とは 雑所得とは、利子所得、配当所得、...
NO IMAGE 所得税

一時所得とは?所得金額と課税方法

所得税は、個人が得た所得を10種類に区分して、その所得の態様や性質を考慮しそれぞれに見合った税金の計算をすることとしています。 10種類に区分した所得のうち、一時所得について説明します。 一時所得とは 一時所得とは、利子所得、配当...