節税

税務会計・その他税金

役員の自宅兼事務所の家賃を会社の経費にする方法

社長一人や家族で経営している小規模な会社など、自宅の一部を事務所として使用しているケースもあります。事務所として実体があるならば、法人から役員に対し家賃を支払い、その家賃を法人の経費にすることができますので、法人税の節税につながります。 自...
税務会計・その他税金

創立費と開業費の違いと繰延資産の任意償却

法人を設立するための費用や、事業を開始するまでにかかった費用は、「創立費」や「開業費」として計上することができます。この2つは、同じような意味合いを持つ勘定科目ですが「支出した日」と「支出した用途」によってどちらに計上するかが変わります。 ...
税務会計・その他税金

年度の途中で設立・移転した場合の法人住民税均等割額の月割計算

法人住民税の均等割りは、資本金等の額と従業員数によって均等割額が決められており、利益が出ていなくてもその都道府県や市区町村に事務所、事業所、寮などが存在していれば課税されます。 例えば、資本金等の額1,000万以下・従業員50人以下の東京都...
税務会計・その他税金

役員の自宅を社宅として会社の経費にする方法

役員が住む自宅の家賃(社宅)を会社の経費にすることで法人税の節税効果があります。 社宅を役員に貸し付ける場合には、次のような条件と注意する点があります。 法人名義で契約すること 自宅の家賃を法人の経費にする場合には、法人名義の賃貸借契約が必...