税務会計用語辞典

税務会計労務社会保険用語集

個人事業主

個人事業主とは 株式会社等の法人を設立せずに個人で事業を営んでいる人のことをいいます。事業所得、不動産所得または山林所得が生ずる事業を営んでいる個人が、税務署に「個人事業の開業届出書」を提出することで、個人事業主となります。 フリーラン...
税務会計労務社会保険用語集

損金

損金とは 法人税法上の用語で、企業会計における費用(経費)の額に法人税法の目的に応じた一定の調整額を加算または減算した金額をいいます。 会計上の「費用」の算出は適正な損益計算を目的としているのに対し、法人税法上の「損金」の算出は公平...
税務会計労務社会保険用語集

益金

益金とは 法人税法上の用語で、企業会計における収益の額(売上高など)に法人税法の目的に応じた一定の調整額を加算または減算した金額をいいます。 会計上の「収益」の算出は適正な損益計算を目的としているのに対し、法人税法上の「益金」の算出...
税務会計労務社会保険用語集

確定申告

確定申告とは 一般的に「確定申告」と言われる手続きは、①の所得税に関するものを指すことが多いです。 ①所得税の確定申告 個人が、1月1日から12月31日までの期間における所得と所得税額を計算し申告する手続きのこと ②法人税の...
税務会計労務社会保険用語集

印紙税

印紙税法で定められている課税文書(契約書や領収書など)に対して課される税金のこと。 経済取引等に伴う契約書や領収書などの文書を作成した場合に、その文書の種類や文書の記載金額に応じて、印紙税の額が定められています。 原則として、課...
税務会計労務社会保険用語集

年末調整

年末調整とは 会社員やアルバイトなどの給与所得者に支払われた1暦年の給料や賞与のうち、支払毎に源泉徴収された所得税を年末において再計算し、税金の過不足を精算する制度です。 年末調整をした結果、徴収しすぎた税額がある場合は還付され、不...
税務会計労務社会保険用語集

源泉所得税

源泉所得税とは 給与や報酬などの所得を支払う者が、その支払いのときに給与などの金額から所定の計算方法により算出した所得税額を徴収し、一定の期日までに国に納付する税金のことです。 源泉所得税が徴収される所得には、給与のほか、賞与、退職...
税務会計労務社会保険用語集

所得税

所得税とは 個人が1暦年間に稼いだ所得(収入から経費を差し引いた利益)に対して課される税金のこと。 法人の所得に課される税金が法人税であるのに対し、個人の所得に対して課される税金が所得税です。 所得税は、所得金額から所得控除額...
税務会計労務社会保険用語集

法人税

法人税とは 株式会社や協同組合などの法人が事業活動により得た所得(≒利益)に対して課される税金のこと。 個人の所得に対して課される税金が所得税であるのに対し、法人の所得に課される税金が法人税です。 法人税は、会計上の利益に税務...