付加年金(付加保険料)

付加年金(付加保険料)とは

国民年金の第1号被保険者および任意加入被保険者が、国民年金の保険料に付加保険料を上乗せして納付することにより、将来受け取る老齢基礎年金額を増やすことができる制度です。

月額400円の付加保険料を納付することによって、老齢基礎年金を受給したときに年金に上乗せされる形で年額「200円×付加保険料納付済期間の月数」の付加年金を受け取ることができます。

年金を受取ってから2年で元が取れる!お得な「国民年金の付加保険料」
付加保険料とは 国民年金の定額保険料に付加保険料を400円上乗せして納めることで、老後に受給する年金額を増やすことができるお得な制度です。 老後に受給する年金額 原則として65歳から支給される老齢基礎年金額が「200円...