労働保険

労働保険とは

労働者災害補償保険法による労災保険と雇用保険法による雇用保険を総称したものを労働保険といいます。

労働保険は、事業主が保険料を納付する義務を負い、業務災害や通勤災害、失業などといった保険事故が生じた場合に労働者(被保険者)は保険の給付を請求することができます。

事業主や労働者の意思にかかわらず、事業が行われている限り労働者を一人でも雇用していれば、法律上当然に労働保険の適用事業となり、事業主は労働保険料を納付しなければなりません。