国民年金第3号被保険者

国民年金第3号被保険者とは

第2号被保険者(厚生年金保険の被保険者)に扶養されている配偶者で、主として第2号被保険者の収入により生計を維持しているもの(年収130万円未満)で、20歳以上60歳未満の者をいいます。専業主婦(夫)などが該当します。

日本国内に住所がなくても第3号被保険者となりますが、渡航目的(留学など)の事情を考慮して日本国内に生活の基礎があると認められる者に限ります。

第3号被保険者は、個別に保険料を納める必要はありません。

自営業者などの第1号被保険者の配偶者は、専業主婦(夫)または一定収入以下であっても第3号被保険者とはならず、第1号被保険者となります。

第2号被保険者の配偶者であっても、配偶者自身が自営業を営んでおり基準を超える収入がある場合には第1号被保険者となり、配偶者自身が厚生年金保険の被保険者である場合は第2号被保険者となります。