印紙税

印紙税法で定められている課税文書(契約書や領収書など)に対して課される税金のこと。

経済取引等に伴う契約書や領収書などの文書を作成した場合に、その文書の種類や文書の記載金額に応じて、印紙税の額が定められています。

原則として、課税文書の作成者は文書作成の時までに、その課税文書に課される印紙税相当額の収入印紙を貼り付け、消印をする方法により、印紙税を納付します。

印紙税が課される文書や納付について
印紙税とは、契約書や領収書などの印紙税法に規定されている一定の文書に対して課される税金です。 印紙税の課税文書 印紙税が課される文書を課税文書といいます。課税文書は、第1号から第20号まで分類されています。文書の種類の例は次のとおりです...