NO IMAGE その他税金

消費税の原則課税と簡易課税制度の違い

消費税の納付税額は、「売上げ等に係る消費税額」から「仕入れ等に係る消費税額」を控除して求めます。この「仕入れ等に係る消費税額」を算出するためには、仕入れについての帳簿や請求書の保存が必要であり、事務負担がかかります。 そこで中小事業者...
NO IMAGE その他税金

個人事業税における事業的規模の判定基準

不動産・駐車場の貸付けにおいて、一定の基準を満たす場合は個人事業税の課税対象になります。 不動産貸付業・駐車場業として課税される認定基準は、貸付不動産の規模、賃貸料収入、管理等の状況などを総合的に勘案して行われます。 不動産貸付業の...
NO IMAGE 所得税

不動産貸付けの事業的規模の判断とメリット・デメリット

不動産の貸付けによる所得は「不動産所得」になりますが、その不動産貸付けが事業として行われている場合には「事業所得」となり、所得税の取扱いが異なります。 事業的規模の判断 原則として、不動産の貸付けが事業として行われているか(事業的規模で...
NO IMAGE 税務・会計

還付加算金の計上時期と会計処理(勘定科目・仕訳・消費税の取扱い)

還付加算金とは、税金が還付された場合に、その還付金に対して加算される利息にあたるものをいいます。 各税法によって会計処理が異なりますので、仕訳とともに説明します。 消費税法の取扱い 還付加算金は一種の利息的性格をもちますが、消費税...
NO IMAGE 税務・会計

還付が発生するときと還付加算金の計算方法

還付加算金とは、税金の還付が発生した場合にその還付金に対する利息相当分のことをいいます。 税金の納付が遅れた場合に延滞税や利子税が課されるように、税金が還付される場合にも一種の利息にあたる金額が加算されます。 国税の還付金が...
NO IMAGE 所得税

同一生計の親族と必要経費の注意点

個人事業においては、事業主の事業に親族が従事したり、親族の土地や建物を借りて店舗や事務所にしているケースがあります。 その給与や家賃などの支払いが、経費性を有するものであるのか、扶養の立場からの家計的なものであるのかを明確に区分するこ...
NO IMAGE 税務・会計

中小法人の交際費(接待飲食費)50%損金算入と定額控除限度額の有利選択

法人が支出する交際費は、原則として損金の額に算入されませんが、特例として平成26年4月1日以後に開始する事業年度からすべての法人において、交際費等のうち接待飲食費の額の50/100に相当する金額を損金の額に算入することができるようになりまし...
NO IMAGE その他税金

消費税の「課税」「不課税」「非課税」「免税」の違い

消費税には、消費税が課税される「課税取引」と、消費税が課税されない「不課税取引」「非課税取引」「免税取引」があります。 これらの違いや判定について説明します。 概要 消費税が課される「課税の対象」は、国内において事業者が行った資産...
NO IMAGE 所得税

所得税がかからない非課税所得

所得税は、個人が1暦年間に得たすべての所得に対して課される国税ですが、所得の性質を考慮し社会政策的な見地から課税しないこととしている所得が定められています。これを「非課税所得」といいます。 非課税所得の具体例 利子所得関係 年...
NO IMAGE 社会保険・労務

平成30年9月から厚生年金料率の引上げが終了

毎年、9月分になると厚生年金保険料率の引上げが行われ、10月分の給与から新しい料率で給与の計算をしていたかと思いますが、平成30年からの厚生年金保険について料率の変更はありません。(現在18.3%) なぜ料率の変更がないのかというと、...