その他税金

NO IMAGE その他税金

飲食店の簡易課税制度の事業区分

飲食店業の簡易課税制度の事業区分は第四種事業になりますが、飲食店業が行う取引の全てが第四種事業に該当するわけではありません。 店内での飲食、出前、持ち帰り・テイクアウト、その形態によって業種区分が変わります。 飲食設備がある飲食店 ...
NO IMAGE その他税金

消費税の原則課税と簡易課税制度の違い

消費税の納付税額は、「売上げ等に係る消費税額」から「仕入れ等に係る消費税額」を控除して求めます。この「仕入れ等に係る消費税額」を算出するためには、仕入れについての帳簿や請求書の保存が必要であり、事務負担がかかります。 そこで中小事業者...
NO IMAGE その他税金

個人事業税における事業的規模の判定基準

不動産・駐車場の貸付けにおいて、一定の基準を満たす場合は個人事業税の課税対象になります。 不動産貸付業・駐車場業として課税される認定基準は、貸付不動産の規模、賃貸料収入、管理等の状況などを総合的に勘案して行われます。 不動産貸付業の...
NO IMAGE その他税金

消費税の「課税」「不課税」「非課税」「免税」の違い

消費税には、消費税が課税される「課税取引」と、消費税が課税されない「不課税取引」「非課税取引」「免税取引」があります。 これらの違いや判定について説明します。 概要 消費税が課される「課税の対象」は、国内において事業者が行った資産...
NO IMAGE その他税金

印紙税が課される文書や納付について

印紙税とは、契約書や領収書などの印紙税法に規定されている一定の文書に対して課される税金です。 印紙税の課税文書 印紙税が課される文書を課税文書といいます。課税文書は、第1号から第20号まで分類されています。文書の種類の例は次のとおりです...
NO IMAGE その他税金

年度の途中で設立・移転した場合の法人住民税均等割額の月割計算

法人住民税の均等割りは、資本金等の額と従業員数によって均等割額が決められており、利益が出ていなくてもその都道府県や市区町村に事務所、事業所、寮などが存在していれば課税されます。 例えば、資本金等の額1,000万以下・従業員50人以下の...
NO IMAGE その他税金

領収書・契約書の印紙税の判定は消費税抜き?消費税込み?

一定の記載金額がある領収書や契約書などの受取書(課税文書)には、印紙税が課せられます。 記載金額とは、受取金額や契約金額などのその文書に記載された金額をいいます。 文書の種類によっては、この記載金額に応じて印紙税額が異なります。...
NO IMAGE その他税金

附帯税(加算税、延滞税、利子税)の課税割合・計算

国税において、期限までに申告しなかった場合や納付期限までに税金を納めなかった場合、虚偽の申告を行った場合など、適正な申告・納税をしなかった納税者にはペナルティーが課されます。そのペナルティーが、本税に対して「附帯税」といわれます。 附...
NO IMAGE その他税金

住民税の特別徴収(天引き)の仕組みと流れ

住民税は、前年1月から12月までの1年間の所得に対して課税され、当年6月から納付します。 納付の方法には、普通徴収と特別徴収がありますが、ここでは、特別徴収の仕組みと流れについて説明します。 1)給与支払報告書の提出 まず...