税務会計労務社会保険用語集

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは 1週間や3ヶ月といった一定期間の総労働時間を定めておき、労働者が個人の裁量で始業時間と就業時間を自由に決めて働くことができる制度をいいます。変形時間労働制のうちの一つ。 1日の労働時間帯のうち、必ず勤務すべき...
税務会計労務社会保険用語集

特例基準割合

特例基準割合とは 平成26年1月1日以後の特例基準割合 特例基準割合とは、「前々年の10月から前年の9月までの各月の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合」に、年1%の割合を加算した割合をいいます。 「前々年の10月から...
税務会計労務社会保険用語集

所得税

所得税とは 個人が1暦年間に稼いだ所得(収入から経費を差し引いた利益)に対して課される税金のこと。 法人の所得に課される税金が法人税であるのに対し、個人の所得に対して課される税金が所得税です。 所得税は、所得金額から所得控除額...
税務会計労務社会保険用語集

損金

損金とは 法人税法上の用語で、企業会計における費用(経費)の額に法人税法の目的に応じた一定の調整額を加算または減算した金額をいいます。 会計上の「費用」の算出は適正な損益計算を目的としているのに対し、法人税法上の「損金」の算出は公平...
税務会計労務社会保険用語集

定時決定

定時決定とは 厚生年金保険・健康保険の被保険者に支払ったその年の4・5・6月の給与額の平均月額にもとづいて、毎年1回「標準報酬月額」を決定することです。この決定された標準報酬月額によって、その年の9月から翌年の8月までの厚生年金保険・健康...
税務会計労務社会保険用語集

付加年金(付加保険料)

付加年金(付加保険料)とは 国民年金の第1号被保険者および任意加入被保険者が、国民年金の保険料に付加保険料を上乗せして納付することにより、将来受け取る老齢基礎年金額を増やすことができる制度です。 月額400円の付加保険料を納付するこ...
税務会計労務社会保険用語集

国民年金第1号被保険者

国民年金第1号被保険者とは 日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の者で、第2号被保険者(厚生年金保険の被保険者)および第3号被保険者(厚生年金保険の被保険者の配偶者)以外の者をいいます。 例えば、20歳以上60歳未満の自営業者や...
税務会計労務社会保険用語集

法人税

法人税とは 株式会社や協同組合などの法人が事業活動により得た所得(≒利益)に対して課される税金のこと。 個人の所得に対して課される税金が所得税であるのに対し、法人の所得に課される税金が法人税です。 法人税は、会計上の利益に税務...
税務会計労務社会保険用語集

益金

益金とは 法人税法上の用語で、企業会計における収益の額(売上高など)に法人税法の目的に応じた一定の調整額を加算または減算した金額をいいます。 会計上の「収益」の算出は適正な損益計算を目的としているのに対し、法人税法上の「益金」の算出...
税務会計労務社会保険用語集

解雇

解雇とは 解雇とは、使用者が労働者に対して労働契約を解約する一方的な意思表示をいいます。 労働基準法では、一般的に労働者が突然の解雇により生活が困窮することを防ぐため、使用者に対し労働者を解雇する場合には、30日前の予告(解雇の予告...